大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


党委書記、董事長・宋彪様より真挚感谢!

投稿日時:2019/01/16(水) 21:39rss

 画像に含まれている可能性があるもの:8人、古芝 保治さんを含む、、スマイル、立ってる(複数の人)
瀋陽市中小企業振興協会会長企業であります中辰钢构社様の
16万平方メートルの現場ウォチングさせていただきました。
党書記で同社の董事长 宋彪様をはじめ幹部の皆様に
詳しく3Sの取り組みについてご説明をいただきました。




【中辰钢构】 守心自暖修内功之一:深度实施“3S”

中辰钢构 今天
2019年1月14日,“沈阳市中小企业精益管理3S现场改善落地推进讲座”走进中辰钢构,
日本“3S”专家、枚冈合金工具株式会社社长古芝保治先生进行了现场指导及教学。
沈阳市各家中小企业代表近百人以及中辰钢构200余名员工参加讲座。

用“眼”观察 细节决定成败

中辰钢构是此次“3S”活动的发起者,古芝保治先生也是第一次带着“3S”走进辽宁沈阳。14日上午,党委书记、董事长宋彪在一楼产品展示厅向古芝保治先生介绍中辰钢构发展史、业绩史、荣誉史以及企业在持续转型升级中的新发展、新跨越。随后,双方在五楼会议室举行简短座谈会,安全管理部部长宁远征以PPT、视频形式更加直观介绍中辰钢构发展历程。党委书记、董事长宋彪指出,企业先后导入5S、精益管理等科学工具,但贯彻落实未到位、标准化文件未全覆盖、全员执行不彻底,距离既定目标仍有很大差距。因此,迫切希望古芝保治先生能够帮助中辰钢构在生产厂区、施工现场、办公区域、生活区域四大板块实现完善再提升。

古芝保治先生对中辰钢构在行业内所取成就表示赞叹,在了解企业基本情况后,立即走进生产车间,进行现场拍照、指导。中辰钢构中高层、部门负责人、项目经理、车间班组长等跟随着古芝保治先生的步伐,随时记录出现问题、记住改善方法。从古芝保治专家的一举一行中感受到日本文化中对待问题“追求极致”态度。走遍车间,从路面、原材料、设备到办公室、走廊、卫生间,从破损、摆放、标识到洗手液、灰尘、细菌,对待自己的生产、生活区域做到各个方面“无微不至”的关心、爱护。先进理念“3S”深入骨髓的精神值得每一个人深刻学习。

在之后的答疑环节中,古芝保治先生表示,对中辰钢构为社会贡献的优质产品感到伟大。中辰在“3S”方面做了很多努力,但是差距在于细致化程度不够,要在细小方面继续深下功夫。比如办公室抽屉物品摆放应统一化、规格化,制定严格制度规则,内含奖罚措施;比如地面清洁后,产品质量会更上一层楼。他说,健康也是战斗力,是安全重要一环。只有干干净净、整洁无暇的企业才会在同行业是第一名;只要坚持推进“3S”三至五年,一定会打造成无人能比的标杆企业。有了好的企业,员工放心,员工家人更放心。

用“耳”聆听 方法成就习惯

古芝保治先生虽已近70岁,但精神矍铄、声音洪亮。在下午的讲座中,古芝保治先生介绍了枚冈合金工具株式会社的发展历史,怎样由一个濒临倒闭的企业转危为安并成为世界著名企业,怎样吸引诸如松下电器、普利司通等日本有代表性的大型企业以及国外企业来此参观学习。他指出,坚持“3S”可以降低成本、增加效益,安全、舒适、高效的环境既可以带来健康,又可以提升心性,进而可以为家人、为企业、为社会作出贡献。古芝保治先生分析了“3S”无法持续的原因,并给出可以持续执行“3S”的方法、步骤和秘诀。古芝保治先生分享了自己企业的发展历程,分享了自己人生的成长轨迹。这不仅是一场“3S”讲座盛宴,更是人生哲理盛宴。

随后,针对办公、生产现场问题图片进行分组讨论,同时可根据本公司的现状进行准备提问。全体参加讲座人员近300人,分成35个小组,小组成员之间互相切磋琢磨,组与组之间互相交换方法,真正做到全员参与、全员思考、全员动手。在讨论过程中增强记忆思维,固化知识结构,碰撞思想火花。古芝保治先生指出,“3S”需要日复一日、年复一年不断重复、坚持,才会达到安全、舒适、高效率目的。

用“心”行动 坚持创造未来

作为现场管理的终极武器,“3S”需要内化于心,外化于行。每个人都应该充分理解“3S”在个人、家庭、企业中的重要性和必要性,对自己、对亲人、对同事、对企业始终坚持负责态度,敬畏规则的同时敬畏生命。“3S”不单纯的是一种工具,更是高级素养,可以满足物质和精神财富双丰收。

“既学之求深,又用之求效。”古芝保治先生坦言,“3S”就是一场漫长的马拉松,一步不停歇的,坚持到最后的才是赢家。所谓行百里者半九十,中辰钢构全体员工应立即行动抓紧落实,持之以恒方见成效,不仅要在多年实施精益管理基础上做到更好,而且要做到最好,最终形成企业文化和企业传统。

九层之台,起于累土,点滴做起,可以伟大。为了实现个人价值新跃升,为了实现家庭幸福感爆棚,为了实现企业正规化、标准化、可持续化健康发展,你和我,无需等待,守心自暖修内功,用“心”行动展未来。

党委书记、董事长宋彪在活动最后表示,真挚感谢古芝保治先生专程来到沈阳,为沈阳广大中小企业讲解“3S”精髓,同时,希望沈阳中小企业能够积极实施“3S”管理,充分创造安全、舒适、高效率环境。

----------------------------------


画像に含まれている可能性があるもの:3人、小林 多香子さんを含む、立ってる(複数の人)、屋外画像に含まれている可能性があるもの:6人、立ってる(複数の人)、室内画像に含まれている可能性があるもの:1人、座ってる画像に含まれている可能性があるもの:古芝 保治さん、座ってる画像に含まれている可能性があるもの:2人、座ってる(複数の人)、室内
 
 
画像に含まれている可能性があるもの:19人、、スマイル

画像に含まれている可能性があるもの:27人、名窪 緑子さんを含む、、スマイル

 
用“眼”观察 细节决定成败

 

中辰钢构是此次“3S”活动的发起者,古芝保治先生也是第一次带着“3S”走进辽宁沈阳。14日上午,党委书记、董事长宋彪在一楼产品展示厅向古芝保治先生介绍中辰钢构发展史、业绩史、荣誉史以及企业在持续转型升级中的新发展、新跨越。随后,双方在五楼会议室举行简短座谈会,安全管理部部长宁远征以PPT、视频形式更加直观介绍中辰钢构发展历程。党委书记、董事长宋彪指出,企业先后导入5S、精益管理等科学工具,但贯彻落实未到位、标准化文件未全覆盖、全员执行不彻底,距离既定目标仍有很大差距。因此,迫切希望古芝保治先生能够帮助中辰钢构在生产厂区、施工现场、办公区域、生活区域四大板块实现完善再提升。

古芝保治先生对中辰钢构在行业内所取成就表示赞叹,在了解企业基本情况后,立即走进生产车间,进行现场拍照、指导。中辰钢构中高层、部门负责人、项目经理、车间班组长等跟随着古芝保治先生的步伐,随时记录出现问题、记住改善方法。从古芝保治专家的一举一行中感受到日本文化中对待问题“追求极致”态度。走遍车间,从路面、原材料、设备到办公室、走廊、卫生间,从破损、摆放、标识到洗手液、灰尘、细菌,对待自己的生产、生活区域做到各个方面“无微不至”的关心、爱护。先进理念“3S”深入骨髓的精神值得每一个人深刻学习。

在之后的答疑环节中,古芝保治先生表示,对中辰钢构为社会贡献的优质产品感到伟大。中辰在“3S”方面做了很多努力,但是差距在于细致化程度不够,要在细小方面继续深下功夫。比如办公室抽屉物品摆放应统一化、规格化,制定严格制度规则,内含奖罚措施;比如地面清洁后,产品质量会更上一层楼。他说,健康也是战斗力,是安全重要一环。只有干干净净、整洁无暇的企业才会在同行业是第一名;只要坚持推进“3S”三至五年,一定会打造成无人能比的标杆企业。有了好的企业,员工放心,员工家人更放心。

用“耳”聆听 方法成就习惯

古芝保治先生虽已近70岁,但精神矍铄、声音洪亮。在下午的讲座中,古芝保治先生介绍了枚冈合金工具株式会社的发展历史,怎样由一个濒临倒闭的企业转危为安并成为世界著名企业,怎样吸引诸如松下电器、普利司通等日本有代表性的大型企业以及国外企业来此参观学习。他指出,坚持“3S”可以降低成本、增加效益,安全、舒适、高效的环境既可以带来健康,又可以提升心性,进而可以为家人、为企业、为社会作出贡献。古芝保治先生分析了“3S”无法持续的原因,并给出可以持续执行“3S”的方法、步骤和秘诀。古芝保治先生分享了自己企业的发展历程,分享了自己人生的成长轨迹。这不仅是一场“3S”讲座盛宴,更是人生哲理盛宴。

随后,针对办公、生产现场问题图片进行分组讨论,同时可根据本公司的现状进行准备提问。全体参加讲座人员近300人,分成35个小组,小组成员之间互相切磋琢磨,组与组之间互相交换方法,真正做到全员参与、全员思考、全员动手。在讨论过程中增强记忆思维,固化知识结构,碰撞思想火花。古芝保治先生指出,“3S”需要日复一日、年复一年不断重复、坚持,才会达到安全、舒适、高效率目的。

用“心”行动 坚持创造未来

作为现场管理的终极武器,“3S”需要内化于心,外化于行。每个人都应该充分理解“3S”在个人、家庭、企业中的重要性和必要性,对自己、对亲人、对同事、对企业始终坚持负责态度,敬畏规则的同时敬畏生命。“3S”不单纯的是一种工具,更是高级素养,可以满足物质和精神财富双丰收。

“既学之求深,又用之求效。
”古芝保治先生坦言,“3S”就是一场漫长的马拉松,一步不停歇的,
坚持到最后的才是赢家。所谓行百里者半九十,
中辰钢构全体员工应立即行动抓紧落实,持之以恒方见成效,
不仅要在多年实施精益管理基础上做到更好,而且要做到最好,最终形成企业文化和企业传统。

九层之台,起于累土,点滴做起,可以伟大。
为了实现个人价值新跃升,为了实现家庭幸福感爆棚,
为了实现企业正规化、标准化、可持续化健康发展,你和我,
无需等待,守心自暖修内功,用“心”行动展未来。

画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)

党委书记、董事长宋彪在活动最后表示,
真挚感谢古芝保治先生专程来到沈阳,
为沈阳广大中小企业讲解“3S”精髓,同时,
希望沈阳中小企业能够积极实施“3S”管理,
充分创造安全、舒适、高效率环境。


 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

<a href="http://www.sg-loy.co.jp/" target="_blank">http://www.sg-loy.co.jp/</a>(枚岡合金工具㈱金型事業部のホームページ) <a...

詳細へ

個人プロフィール

1949年3月 大阪市生まれ。桃山学院高校卒業後、30年間自社の金型設計・製造に携わるかたわら1983年より自社の販売・受発注管理システム独自に開発2001年よりISO9001工程認証システム等統合管理ソフトを開発。現在、金型の他、現場のアイディアを生かした「デジタルドルフィンズ」事業を立ち上げ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年4月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 働き方改革推進セミナーで講師をさせて頂きます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    6月29日(金)ハローワーク大阪東の主催、大阪東雇用開発協会の共催、大阪市東成区役所、大阪市生野区役所、一般財団法人東成工業会、一般財団法人生野産業会の協力で東成区民センター2階大ホールにおいて「働き方改革推進セミナー」が開催されます。 その第2部で我が社の「働き方改革!」と題して講演をさせて頂くことになりました。 中小企業ができる、情報の共有や就業規則の整備、意識改革、社会貢献などをお話
  • 「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    久米繊維工業㈱の久米信行会長さんから墨で書かれたサイン入りの新刊書「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」と直筆のお手紙が添えられて送られてきました。 凄く読みやすい本で、子供から大人までお薦めの本です。 井戸の中にいた一匹の「すぐやるカエル」がどのように変わっていくか、一緒に挑戦の旅をしてみませんか。 もしあな
  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて
  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 新刊「人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    枚岡合金工具株式会社の古芝保治会長が2冊目の本、