大きくする 標準 小さくする

2012年10月10日(水)更新

「デジタルドルフィンズ」で納期管理

中小企業総合展が10月12日まで開催中ですが、展示ブースにお越しになった製造業のT社長さんから
「納期管理をコレ(デジタルドルフィンズ)で出来ないか」と質問を頂きました。

提出期限のフィールドに日付を入れることにより
簡単に
特定の日の 特定のお客様の 図面を
現場でも、事務所でも、外出先でも
数秒で該当納期の図面を検索し、画面に表示
する実演させていただきました。
とてもご納得頂き、気に入って頂きました。

急変対応の納期変更も
簡単に修正登録すること納得!

誰もが、簡単に、すぐに使える シンプルさが受けました。

シンプル イズ ベストですね。

下記の展示会で出展しています。
ぜひ、皆さんの課題をお持ちください。
問題解決の糸口を提案させていただきます。
201210111150_1-300x0.jpg

2010年12月22日(水)更新

IEレビュー誌の取材レポーター皆川先生らご来社!!

IEレビュー269号の取材

22日、「IEレビュー」誌第269号(2011年3月1日発行予定)の取材に
レポーターとして大阪工業大学の皆川先生と関西生産性本部・関西IE協会
南さんがやって来られました。

IEの世界では、弊社は皆様方に学ばなければならない立場でありながら
取材対象先に選んで頂き大変光栄なことで、掲載されると弊社の歴史に
新たな1ページが刻まれることとなり、大変恐縮するなかでの取材となりました。

枚岡合金工具の12年間の徹底した3S(整理・整頓・清掃)活動とその成果や
現場改善活動の中から生まれた「情報の3S」ツール「デジタルドルフィンズ
がもたらすクラウドイノベーションについてお話させて頂きました。


古芝保治@枚岡合金工具㈱

■ 図面・文書管理・超整理法ツール【デジタルドルフィンズ】

■ 【デジタルドルフィンズ】 営業ブログ

■ 【枚岡合金工具】 金型事業部HP

■ 【儲けとツキを呼ぶ3S活動の秘訣 by 枚岡合金工具】



IT経営百選 最優秀賞  中小企業IT経営力大賞 中小企業IT経営力大賞・審査委員会奨励賞

2010年06月12日(土)更新

東洋ゴム工業さんのものづくりへのこだわりに感動!

東洋ゴム工業小野寺社長さんと日本コスト工学会の皆さん
先日、三重県桑名駅から車で20分のところに位置する東洋ゴム工業さんを
見学する機会を頂きました。

大阪成蹊大学で講演させて頂いたご縁で中山準教授よりお誘いを受けましたが、東洋ゴム工業の小野寺社長さんと中山先生とは大学時代の同窓生で
偶然にも同窓会の席で隣席同士でこの日の見学会が実現したのです。

この日の見学会に合わせて大阪本社から貴重なお時間を割いてご挨拶に
見えられ、幹部社員のかたも大阪、神奈川からも桑名工場に集結され
格別の見学会を企画して頂きました。

月産7000トンの自動車、バス、トラック用タイヤの生産ラインを
隅々までご案内頂きました。

インサイダー情報になるので詳しくは、情報発信ができませんが
事務所棟の男子トイレの清掃レベルは国内最高でした。
当社の品質へのこだわりに感動致しました。





古芝保治@枚岡合金工具㈱

第21回設計・製造ソリューション展
第21回設計・製造ソリューション展での3S経営革新事業部のブース番号は、9-14です。

機械要素技術展
第14回機械要素技術展での金型事業部のブース番号は、45-34です。


■ 図面・文書管理・超整理法ツール【デジタルドルフィンズ】

■ 【デジタルドルフィンズ】 営業ブログ

■ 【枚岡合金工具】 金型事業部HP

■ 【ツキを呼ぶ「経営革新」成功のポイント】ブログ


IT経営百選 最優秀賞  中小企業IT経営力大賞 中小企業IT経営力大賞・審査委員会奨励賞

2009年06月06日(土)更新

危険箇所のご指摘に感謝!

早朝工場見学会の改善討議

6月6日(土)に早朝工場見学会の開催について全社員で改善討論をおこない、
実に細かいことですが感動工場を目指して一歩一歩改善してゆくアクション
プランが決まりました。

今月3日の第217回目の早朝工場見学会で名古屋の方よりご指摘頂きました
グラインダーの危険箇所は、早速週明けより即今着手することが決まりました。

ご見学の方より頂いた貴重なご指摘は、無駄にすることなく
真摯に受け止め改善してゆくことが総意で決まりホットしています。

労災事故が起こってからでは遅すぎます。
大切な社員を事故から守るのも経営者の大きな役割です。

危険予知でもう一度社内を総点検しなければと痛感しています。

古芝保治@枚岡合金工具株式会社

■ 文書管理【デジタルドルフィンズ】

■ 【デジタルドルフィンズ】 営業ブログ

■ 【枚岡合金工具】 金型事業部HP

■ 【ツキを呼ぶ「経営革新」成功のポイント】ブログ


IT経営百選 最優秀賞  中小企業IT経営力大賞 中小企業IT経営力大賞・審査委員会奨励賞

2008年10月07日(火)更新

ワイヤーカット放電加工1級技能士誕生!

ワイヤーカット放電加工1級技能士に弊社のK君が見事合格しました。

ワイヤーカット放電とは、細い黄銅ワイヤーを使て超硬合金や焼入れ後
の材料などでも糸のこぎりを使うように自在に輪郭を切っていけるのが
特徴です。
さらに輪郭にゆるい傾斜角をつけ、例えば台形状に加工することもできます。

弊社では、自動車部品関係の歯車金型製作のコア技術の一部として
ワイヤーカット放電を活用しています。

今後、お客様のより高度な技術要求にお応え出来るようさらに研鑽を深めて
若手社員が後に続いて国家検定技術を身につけることを願ってやみません。

古芝保治@枚岡合金工具株式会社  
【ツキを呼ぶ「経営革新」成功のポイント】
【枚岡合金工具】
文書管理【デジタルドルフィンズ】
IT経営百選 最優秀賞  中小企業IT経営力大賞

20141009bnr.jpg

会社概要

<a href="http://www.sg-loy.co.jp/" target="_blank">http://www.sg-loy.co.jp/</a>(枚岡合金工具㈱金型事業部のホームページ) <a...

詳細へ

個人プロフィール

1949年3月 大阪市生まれ。桃山学院高校卒業後、30年間自社の金型設計・製造に携わるかたわら1983年より自社の販売・受発注管理システム独自に開発2001年よりISO9001工程認証システム等統合管理ソフトを開発。現在、金型の他、現場のアイディアを生かした「デジタルドルフィンズ」事業を立ち上げ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    久米繊維工業㈱の久米信行会長さんから墨で書かれたサイン入りの新刊書「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」と直筆のお手紙が添えられて送られてきました。 凄く読みやすい本で、子供から大人までお薦めの本です。 井戸の中にいた一匹の「すぐやるカエル」がどのように変わっていくか、一緒に挑戦の旅をしてみませんか。 もしあな
  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて
  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 新刊「人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    枚岡合金工具株式会社の古芝保治会長が2冊目の本、
  • スマートウォッチ 「Dot Watch」 from CRAFTS DESIGN
    共有 スマートウォッチ 「Dot Watch」 スマートウォッチ 「Dot Watch」は、世界初の視覚障害者向けのスマートウォッチ。 Eric Ju Yoon Kim によって設立された、Dot Incorporation によるプロダクトです。 盤面に空いた穴から飛び出るドットが点字となり、時刻やメッセージを伝える仕掛けです。 スマートウォッチ「Dot Watch」の開発者Eric Ju Yoon Kimには、「ウェアラブルデバイスの有用性は、障害を持つ人たちにこそある。」と言う確信がありました…