大きくする 標準 小さくする

2021年04月01日(木)更新

~いつでもどこでも誰でも 1 分以内に情報が~


 2021年4月号の「ありがとう新聞」No.170は、

~いつでもどこでも誰でも 1 分以内に情報が取り出せる職場環境~

に関する話題を掲載させて頂きました

 情報探しでムダな時間を省き、働き方改革の一助となれば幸いです

1、私たちが必要なのは「紙」ではなく「情報」です!

 ~「情報のコントロール」~

          A.紙のコントロール
                 ~紙書類は取り出しやすく~
          B.パソコンデータのコントロール
                 ~いつでもどこでも誰でも 1 分以内に取り出せる職場環境~
          C.「情報の3S」 加速ツール/方法

          D.「情報のコントロール」 結論として…
                .私たちが必要なのは紙ではなく情報


2,南米9か国等で同時講演  

  UEESがあるエクアドルを始めとする南米9ヶ国、アメリカ、スペインなど、
    世界各国よりご参加頂きました。
    来賓ご挨拶として 在エクアドル首藤大使閣下より祝辞をいただきました。

   ブログ記事:2https://hiraoka.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=7&id=3180


3,オンライン工場見学会&3S講習会

4、【名古屋】設計・製造ソリューション展
    2021 年 4 月 7 日(水)~4 月 9 日(金)

「ありがとう新聞2021年4月号」は、下記のURLよりダウンロードください。

  3http://digitaldolphins.jp/special/arigato/img/arigato_2021-04_vol.171.pdf

今月号の「ありがとう新聞」は、情報の3S(整理・整頓・清掃)ということで

「いつでも、どこでも、誰でも、必要な情報が簡単に直ぐに取り出せる」

仕組みとしかけについて、イラスト入りで簡潔に分り易く?(笑)発行しました。

この「いつでも、どこでも、情報が直ぐに扱える」考えに至ったの

1989年Mac World EXPOの基調講演に登壇するため米国から来日された

アラン・ケイ博士でした。

衝撃を受けたのが「プラスドライバー(ねじ回し)」のスライドを画面いっぱいに

表示して「未来のPCは、例えばプラスドライバーのようなもの!

直感的なインターフェイスで、誰でも すぐに使えるツール(道具)である。

人間の知的活動を増幅する道具」になると未来をズバリ予見されたおられたことでした。


ハイパーカード(カード型データベース)を使った枚岡合金工具の金型物流システム

や図面管理システムの開発の契機になり、バーコードを使ったISO9001の工程認証

システムの開発からさらにデジタルドルフィンズ(図面管理システム)誕生の

基本コンセプトにも繋がってゆきました。

2003年にリリースさせて頂いた情報の大海原から「いつでも、どこでも、誰でも 

必要な情報が直ぐに取り出せる」デジタルドルフィンズは、その後さらに進化を続けました。

コロナ禍のなかで感染を防ぎ、新たな日常を模索してゆく

テレワークをサポートする仕組みとして先日は毎日放送のミント番組で

「82歳の社員がテレワーク」でも紹介されました。

 

枚岡合金工具株式会社
古芝保治


YOUTUBE 3S・JAPANチャンネル  




儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密





人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣 ―― 枚岡流「徹底3S」9つのルール


冷間鍛造金型 http://www.sg-loy.co.jp

文書・図面管理システム「デジタルドルフィンズ」 http://www.digitaldolphins.jp/ 

5S活動と3S活動の手引き by 枚岡合金工具  hhttp://www.sg-loy.com/3s/whatis 
 

 映像「ビッグインタビュー」

   http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Erei4EGPS

<<  2021年4月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30