大きくする 標準 小さくする
前ページ

2021年10月06日(水)更新

書道をはじめました。

最近、書道の心を学び始めました。

硯の(丘)に水を数滴落として、楕円形にゆっくりと墨を磨りはじめてゆくと

ほのかに墨の香りが漂ってまいります。

1枚分の墨を擦っては、硯の(海)に無心になって貯めてゆきます。

けだかく優雅な世界に心がいざなわれてゆきます。

下敷きの上に真白い半紙を置き、文鎮を置いて

両手を合わせて、そしてお手本の文字をしっかり観察して、

素直な心で臨書してゆきます。

簡単にお手本通りに筆が運ばず、数十枚も練習を重ねて

参ります。




枚岡合金工具株式会社
古芝保治


展示会後案内ページはこちらから >>>


文書・図面管理の デジタルドルフィンズ >>>


社員の心に火をつける 徹底3S(整理・整頓・清掃)工場見学会 >>>
 

2021年05月17日(月)更新

いつか陽光の花束を 尾崎航平著を読んで


大阪の中小企業経営者の尾崎航平さんが小説を上梓されました。

尾崎さんは、5年半前に八尾の図書館で

拙著「儲けとツキを呼ぶ『ゴミゼロ化』工場の秘密」に出会い

八尾市の経営者モーニングセミナーで倫理法人会を知り

「父を敬し、母を愛する」縦の敬慈、報恩感謝の心を学ばれ

少しずつ実践され、会長のお役を通じて、さらにスピードが

上がり表題の本を出すことに成功されました。

奇跡のような出逢いから生まれた感動感謝の小説です。

尾崎さんは、夏目漱石全集を読破したという読書家でもあり、経営者でもありますが

情景と心の描写は、実に見事で貴方のイマジネーションを掻き立てって、心の琴線に触れる

素晴らしい作品となっています。

いつか陽光の花束を 尾崎航平著

内容:

 「そりゃああなた、誕生日は祝ってもらおうって思うのがもう違ってるわ。
母の受難日、苦しかった日なんだから、母に感謝する日にしなきゃ。」
 そう言った先輩は毎年自らの誕生日に、母親への感謝のしるしとして花束を用意し、実家へ帰るという。
主人公の今岡八重(25)が自分の誕生日に母親に花束をプレゼントしよう思うが、
これまでの母親との確執が心の足枷となってゆく。大好きだった祖母のお墓参りに
ゆく道すがら偶然見つけた素敵な花屋さん。
 その花屋の女性オーナーや花々(花の妖精)から励まされたように、興味深く面白い
伏線が次々と展開されて引き込まれて行きます。
 エピローグに盛り込まれたエピソードは、花々が陽光を受けて、きらきらと
鮮やかな色彩をたたえて、心の青空が広がってゆくようなスッキリ爽やかな読了に感動しました。

 

枚岡合金工具株式会社
古芝保治


YOUTUBE 3S・JAPANチャンネル  




儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密





人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣 ―― 枚岡流「徹底3S」9つのルール


冷間鍛造金型 http://www.sg-loy.co.jp

文書・図面管理システム「デジタルドルフィンズ」 http://www.digitaldolphins.jp/ 

5S活動と3S活動の手引き by 枚岡合金工具  hhttp://www.sg-loy.com/3s/whatis 
 

 映像「ビッグインタビュー」

   http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Erei4EGPS


 

2021年02月04日(木)更新

「修身教授録」はなぜ人間学の要諦なのか?

「修身教授録」は、森信三先生が大阪天王寺師範の
本科生に昭和12年~昭和14年まで口述で講義され
書写・編纂された教授録の復刻版です。

当時、日本が戦争へと突き進んで行った検閲・思想
弾圧の嵐吹きすさぶ非常に過酷な時代でした。

森先生は、身を賭し、退職覚悟で、講義に臨まれます。
本科生により書き留められた授業の情景と
対話を折り込みながら授業を創り上げられてゆく
世界に引き込まれて行きます。


<修身教授録・森信三著>

 二度とない人生の中で、「人としてこの世に生を受
けたことの真の意義を自覚して」どれほど深 く生き切
るかを一言一句に実践できるように魂を 込めて、講義
された人間力を鍛える500頁を超える不滅の名書です。

 広島高師で西晋一郎先生、京都大学哲学科で西田幾太
郎先生に学ばれて、論語をはじめ古今東西の先哲の著書
からの壮大な学びと実践に裏打ちされた金言、箴言は、
心に響きます。

 森年生は、「一日読書をしなければ、自己がへたばる
…」と言って「読書が、われわれの人生に対する意義は、
一口で言ったら結局、「心の食物」という言葉がもっと
もよく当たると思うのです。」

 「人間も自己を築くには、道具やこつが必要です。こ
の場合道具とは読書であり、こつとは実行をいうのです。
この二つの呼吸がぴったり合うところに、真の人間は
でき上がるのです。」

 授かった教えが「最善観」という考え方です。

「我身に降りかかる一切の出来事は、実はこの大宇宙
の秩序が、そのように運行するするが故に、ここにそ
のように我々に対して起きるのである。」私にとって
絶対必要であり最善!それ故、(略)素直に一切を受
け入れ(略)自己に与えられた全運命を感謝して受け
取って、「楽天知名」。
 すなわち天命を信ずるが故に、天命を楽しむという
境涯です」

 この考えに出会ったおかげで「天からの意思として」
全てにおこる悪しき出来事も喜んで、善なる出来事に
切り替えて「万象肯定」として対処してゆくことに
感謝しています。


枚岡合金工具株式会社
古芝保治

 

2020年08月20日(木)更新

「空き家・古家の不動産投資で利益をつくる」



東大阪の町工場であるオークマ工塗の社長
大熊重之さんが2冊目の本を上梓されました。

「あなたの会社の新収入源」
「不動産投資で利益をつくる」タイトルが物語るように
大熊社長が個人投資で「0」から始められて
数々の失敗や辛酸を舐めながらも
空き家・古家の住環境を見事に整えられ
大家業として不労所得で安定した収益の柱を
構築されてゆかれた事例を投資利回りの観点
からも「不動産投資で利益を作り上げてゆく」やり方と
進め方を業種別に執筆されています。

同時に劇的に収益構造が変化していった財務諸表も
公開されていて、この事業に取り組んで行ったことにより
地域住民の皆さんからも感謝されるように社会貢献に繋がり
心のネットワークが広がるとともに経営に対する視野と捉え方
が変化されてゆかれた様子に感銘を深くいたしました。

筆者とは2001年頃に中小企業同友会の会合のあと
飲食店で将来の夢を語りあったことを昨日のことのように思い出していました。
その時の夢を見事に実現され利益を70倍にされてゆかれたことは
ロバートキヨサキさんの「金持ち父さん・貧乏父さん」と
オーバーラップして自分とは好対照のように(笑)感じています。

中小企業の経営者が経営基盤を安定させ、社員を露頭に迷わせないために
新たな収益構造を構築してゆくときの戦略のヒントと勇気を与えてくれる
読み易い必読の書として推薦いたします。

枚岡合金工具株式会社
古芝保治 

オンライン工場見学会&徹底3S講話 >>>





儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密






人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣 ―― 枚岡流「徹底3S」9つのルール


冷間鍛造金型 http://www.sg-loy.co.jp

文書・図面管理システム「デジタルドルフィンズ」 http://www.digitaldolphins.jp/ 

5S活動と3S活動の手引き by 枚岡合金工具  hhttp://www.sg-loy.com/3s/whatis 
 

 映像「ビッグインタビュー」

   http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Erei4EGPS

 

 

2017年09月01日(金)更新

安岡定子先生にも大変な時代があったお話を拝聴

先日は、安岡正篤先生を祖父にもち22歳までともに暮らした安岡定子先生

論語講座と懇親会に参加させていただき、貴重なひと時を頂きました。

「心を育てる こども論語塾」ポプラ社)は、最初の2年間は鳴かず飛ばずの

状態で初版6千部は、全くもって売れなかったそうです。

出版社の方と2人三脚で全国のフードコートのようなところで子供を集めて

実演販売されるのですが、集まったこどもは2人というありさま。

見かねたご友人たちが子供を桜にされたお話で、そのようにして全国を

くまなく巡行されたそうです。出版社の方の「いい本だから絶対に売れる!」

強烈な信念のもと両手に30冊X2、背中に30冊、合計90冊を背負って歩かれ

ある時その姿がテレビでピックアップされたことにより大ブレーク

なんと現在まで38万部が売れる大ベストセラー本になられた末の

苦労話でした。

いやぁ~そんなご苦労があったのか秘話に驚きを禁じえませんでした。

是非、「こども論語塾」とはいえ手にとって読んでみたい本の1冊として

ノミネートします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  枚岡合金工具株式会社  古芝保治拝
─────────────────────────────────────
 会長ブログ http://hiraoka.keikai.topblog.jp/
   Facebook     http://www.facebook.com/yasuharu.furushiba
  eメール: shivafull1@mac.com
 携帯電話 090-8793-0869
 ~~~~~~~~~~~~~ありがとうございます。~~~
«前へ
<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31