大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


小松市にて徹底3S活動を伝道

投稿日時:2012/11/15(木) 23:52rss

201211160928_1-350x0.jpg
15日、石川県は小松市にて小松鉄工機器協同組合様の年に一度の
光友会研修会に招かれ徹底3S活動について経営者の覚悟の心意気を
お伝えして参りました。
201211191546_1-350x0.jpg
様々な困難辛苦を乗り越えるなかでスキルが培われ人が成長してゆく
ドラマを生々しくお伝えさせて頂きました。

鉄工所の一国一城の主である経営者の皆さんは、独自の個性を発揮
されそれぞれユニークな経営姿勢を貫いておられ感動でした。

ある4名の会社で溶接ロボットを30台近くオペレーションされると
ともに自らロボットの修理をされ驚きでした。

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
be443a9a42357effc4d21fe4af56119c.png?1503270312
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

<a href="http://www.sg-loy.co.jp/" target="_blank">http://www.sg-loy.co.jp/</a>(枚岡合金工具㈱金型事業部のホームページ) <a...

詳細へ

個人プロフィール

1949年3月 大阪市生まれ。桃山学院高校卒業後、30年間自社の金型設計・製造に携わるかたわら1983年より自社の販売・受発注管理システム独自に開発2001年よりISO9001工程認証システム等統合管理ソフトを開発。現在、金型の他、現場のアイディアを生かした「デジタルドルフィンズ」事業を立ち上げ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年8月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    久米繊維工業㈱の久米信行会長さんから墨で書かれたサイン入りの新刊書「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」と直筆のお手紙が添えられて送られてきました。 凄く読みやすい本で、子供から大人までお薦めの本です。 井戸の中にいた一匹の「すぐやるカエル」がどのように変わっていくか、一緒に挑戦の旅をしてみませんか。 もしあな
  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて
  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 新刊「人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    枚岡合金工具株式会社の古芝保治会長が2冊目の本、
  • スマートウォッチ 「Dot Watch」 from CRAFTS DESIGN
    共有 スマートウォッチ 「Dot Watch」 スマートウォッチ 「Dot Watch」は、世界初の視覚障害者向けのスマートウォッチ。 Eric Ju Yoon Kim によって設立された、Dot Incorporation によるプロダクトです。 盤面に空いた穴から飛び出るドットが点字となり、時刻やメッセージを伝える仕掛けです。 スマートウォッチ「Dot Watch」の開発者Eric Ju Yoon Kimには、「ウェアラブルデバイスの有用性は、障害を持つ人たちにこそある。」と言う確信がありました…