大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


憧れのホノルルマラソン完走への道 No.3 青山高原クォーターマラソン完走の巻

投稿日時:2009/05/31(日) 17:11rss

5月31日(日)曇り 気温12度青山高原ゴール付近の様子

第22回青山高原つつじクォーターマラソン大会に初参加し67分35秒で
お蔭様でなんとか、かんとか完走出来ました。
3月3日ウォーキングからはじめたジョギングですが89日間でクォーター10.55Km
を完走出来たことに感謝です。
完走証

上本町発7時15分の宇治山田行きの快速急行に乗り青山町駅に8時30分到着
無料送迎バスで一路青山高原へ
バスの隣席の居合わせた名古屋からきた中年男性と日ごろの練習やこれまでの
レース経験のお話を伺う。
中腹付近より霧がたちこめ徐行運転でつづら折れの山道を上り
午前9時過ぎに会場に到着。

雨も上がりましたが、開会式が行われる青山高原の頂上駐車場一帯は、一面霧
が立ち込め100m先も見通せない天候です。
半袖ポロシャツのいでたちは少し肌寒く感じます。
早々に受付を済ませテント張りの更衣場で着替えますが、本当に寒いです!
暖を取るため山小屋の中は、過密状態で1m四方に3名以上老若男女が
ひしめきあっています。
HONDA燃料電池車
(HONDA燃料電池電気自動車 航続距離660Km 最高時速160Km)
開会式前、霧に紛れてお願いすれば後部座席にも・・・・

兵庫県三田からやって来られた88歳の色艶のよりお年寄りは、30年間
走り続け、地元ではボランティアでマラソン大会の運営に当たられている
お話を伺い頭が下がります。
マラソン人生に掛ける意気込みがまるで違い過ぎます。

そんな山小屋の中の男子大トイレは2つと長蛇の列をなしています。
霧の影響で受付時間の10時を過ぎても会場に到着しない選手のために
3Kmレースが15分遅れの10時45分スタートとなり
10.55Kmも15分遅れで行うとのアナウンスが何度も放送。

マッサージサービス

10.55Kmのスタート地点は、頂上から約700mほど下った所にあり、
スタートラインには強豪?がひしめきあっています。
遠慮をして初めての経験なので後方付近でポジションを確保
淀川市民マラソンのTシャツを着た青年に「どれ位で走られるのですか」
と伺うと「1時間を切ることを目標に」していると云う
淀川のハーフマラソンでは、1時間20分で走られたとか。
「結構早いのですね!」
「フルマラソンで膝を痛めてから半年のブランクが・・・」
「ともに完走しましょう!」と声を掛け合いました。

11時45分スタートの1分前からカウントダウン
1000名を超えるクォータマラソン参加の集団がスタート直後の昇り坂を
上がってゆきます。
自分の想定していたスピードより非常に遅い
前後左右の選手との間隔を保ちながら坂道を上がってゆきました。
最初の1Kmが8分ですからかなり遅いペースです。

開会式が行われた側の沿道から声援を送って頂きます。
いつもなら声援を送る方ですが、今日は声援をゼッケンに浴びながら
走り抜けて行きます。
「ありがとう・・・」「ありがとう・・・」と手を挙げながら声援に応えてゆきます。
声援を受けるありがたさを感じながら下り坂に差し掛かり全体のペースが
上がって行きます。

脈拍数140を超えアラームが頻繁に鳴り響きます。
「走行中の皆さんにご迷惑」と感じつつも走行中調整できる代物ではありません。
脈拍140以下でだましだまし走り続けました。
それでも10回以上は警報アラームがなりました。

ピッチを上げれないもどかしさがありましたが、後半の持久力に
繋がって行きました。

下っては、暫く上り坂、そしてまたまた下り坂で高度を下げて行きます。
標高差100mを超えるクォーターマラソンは、折り返し点から
高度を上げながら戻ってくるコース設計になっています。

折り返し点通過ラップタイム 31分20秒
残り約5km弱です。

(続きは、この下に書き込んで 適当なところで分割します。)
続きは、下記をご覧ください。
▼ http://hiraoka.keikai.topblog.jp/blog/119/10015103.html
以下は、この1週間の練習事例で火曜日と木曜日はお休みです。
25日(月)   6273歩    6.2Ex   380kcal  8.3Km (10413歩)
26日(火)  2715歩    1.9Ex   122kcal   5.2Km ( 6553歩)
27日(水)  12628歩  10.6Ex    616kcal  13.0Km (16366歩)
28日(木)  1972歩    1.2Ex    80Kcal   3.4Km ( 4256歩)
29日(金)  7105歩    5.7Ex   341Kcal   9.6Km (12021歩)
30日(土) 12150歩   11.8Ex   697Kcal  13.2Km (16506歩)
31日(日) 16778歩   15.4Ex   885Kcal  16.4Km (20507歩)

トラックバック一覧

コメント


完走おめでとうございます!

古芝さん
こんにちは!新保です。

相変わらずアグレッシブですね。
頭が下がります。

ボクもマラソンに挑戦したいのですが
いまだ踏み出せずにいます。

古芝さんは、今回が初マラソンやったんですか?

今度お会いしたとき、いろいろ聞かせてください。

Posted by 新保 at 2009/05/31 23:13:00 PASS:

新保さん その通り初体験です!

新保さん


コメントありがとうございます。
新保さんの断食にはとてもかないません。
断食の方は未踏破の領域で頭が下がります。

10.55Kmマラソンは、まったく初挑戦でした。
右も左も判らぬままこの世界に飛び込んで行きました。
期待と不安の入り混じった心境で、
前日に10Km走れたので完走は自信がありましたが、やっぱり1分を3回歩いてしまいました。
歩かず走るのは今後の課題です。
今日は、足を休ませています。

6日は、終日社内研修会で琵琶湖に参戦できないのが残念です。お許しください。

Posted by 古芝保治 at 2009/06/01 21:55:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

<a href="http://www.sg-loy.co.jp/" target="_blank">http://www.sg-loy.co.jp/</a>(枚岡合金工具㈱金型事業部のホームページ) <a...

詳細へ

個人プロフィール

1949年3月 大阪市生まれ。桃山学院高校卒業後、30年間自社の金型設計・製造に携わるかたわら1983年より自社の販売・受発注管理システム独自に開発2001年よりISO9001工程認証システム等統合管理ソフトを開発。現在、金型の他、現場のアイディアを生かした「デジタルドルフィンズ」事業を立ち上げ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • 働き方改革推進セミナーで講師をさせて頂きます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    6月29日(金)ハローワーク大阪東の主催、大阪東雇用開発協会の共催、大阪市東成区役所、大阪市生野区役所、一般財団法人東成工業会、一般財団法人生野産業会の協力で東成区民センター2階大ホールにおいて「働き方改革推進セミナー」が開催されます。 その第2部で我が社の「働き方改革!」と題して講演をさせて頂くことになりました。 中小企業ができる、情報の共有や就業規則の整備、意識改革、社会貢献などをお話
  • 「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    久米繊維工業㈱の久米信行会長さんから墨で書かれたサイン入りの新刊書「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」と直筆のお手紙が添えられて送られてきました。 凄く読みやすい本で、子供から大人までお薦めの本です。 井戸の中にいた一匹の「すぐやるカエル」がどのように変わっていくか、一緒に挑戦の旅をしてみませんか。 もしあな
  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて
  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 新刊「人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣」を頂きました! from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    枚岡合金工具株式会社の古芝保治会長が2冊目の本、