大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


反日家から親日家になっていったバーク提督の秘話 その2

投稿日時:2016/02/26(金) 22:45rss

そのバーク提督が日本にやって来て、宿舎である帝国ホテルに着いたときから

秘話がはじまってゆきました。

昨日の続き・・・

帝国ホテルの従業員「バーク様、ようこそいらっしゃいました。お荷物をお持ちしましょうか?」

バーク提督「やめてくれ、自分に最低限のこと以外私に関わるな!」

このバークさんは、戦場で多くの友人を亡くしていることから

公の場でも日本人のことを「イエローモンキー」「ジャップ」というほど

大の日本嫌いの人だったのです。

一月ほど経ったとき部屋があまりに殺風景と思ったバークは、花を一輪買ってきてコップに生けていました。

1週間ほどして夜遅くホテルに戻ったところ、生花は花瓶に生け変えられていました。

すぐにフロントに連絡して「誰がやった、なぜこんな余計なことをした。誰がやれといった    」

フロント「ホテルとしてはそのような指示は致しておりません。」

誰がやったか分からなかったそうです。

しばらくするとその花が新しい花瓶に生け替えられ、新しい花に代わっていたそうです。

そして、その花は日を追うごとに増えて行きました。

バークはホテルに「誰がやっているのか探してくれ」と依頼しました。

そして解ったのです。

バークの部屋を担当していた女性従業員が少ない給金の中から、花を買って生けていたのでした。

バークは、彼女を呼び出し「一体君はなぜこんなことをした。」

「お花がお好きだと思いましたので・・・」と彼女は答えました。

「そうか わかった、ならば君にお礼をしなければならない。受け取り給え」とお金を渡したのでした。
(米国では、サービスの対価としてチップを渡す習慣があります)

「頂く訳にはまいりません。私はただお客様にお部屋で気持ち良く過ごして頂きたいと思って

さしていただいたものですから。」

バークは、驚きました、まさかそんな風に言われるとは思ってみなかったからです。

さらに驚きの展開になってゆきます。

身の上話の展開になり、彼女のご主人も駆逐艦の艦長であり、なんとソロモン海戦で

夫を亡くしていたのでした。

バークは彼女に謝りました。「君のご主人を殺したのは私かもしれない」

それに対して彼女は言いました。「提督、謝る必要はありません。

「もし、主人が提督と対峙したときに、提督がなにもしなかったら提督が主人にやられていたかもしれません。」
「誰が悪かったというものではありません。あえていうなら
それは戦争が悪かっただけのことです」

バークは考えこみました。

「自分は日本人をこんなに毛嫌いしているのに、彼女はできる限りのことで自分をもてなそうとしている。
この違いはなんなんだろう。」と

後にバークは次のように記述しています。

「彼女の行動とモノの考え方のなかから日本人の行動規範と道義というものを知った!」

「日本人のなかには自分の立場を離れて公平に物事を視れる人が沢山いるということ」

「親切に対してお金でお返しをするのは大変失礼なことである。親切に対しては親切でお返しする」
「自分の日本人嫌いが果たして正当なモノであるのか。考え直すきっかけになった」

そして彼の日本人に対する考え方と行動が一変してゆきます。

続きは明日に・・・

 

枚岡合金工具株式会社

古芝保治

 ▫️ 冷間鍛造金型 http://www.sg-loy.co.jp

 ▫️ 文書・図面管理システム「デジタルドルフィンズ」 http://www.digitaldolphins.jp/ 

 ▫️ 5S活動と3S活動の手引き by 枚岡合金工具  http://www.sg-loy.com

                 

 映像「ビッグインタビュー」

   http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Erei4EGPSf8

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

<a href="http://www.sg-loy.co.jp/" target="_blank">http://www.sg-loy.co.jp/</a>(枚岡合金工具㈱金型事業部のホームページ) <a...

詳細へ

個人プロフィール

1949年3月 大阪市生まれ。桃山学院高校卒業後、30年間自社の金型設計・製造に携わるかたわら1983年より自社の販売・受発注管理システム独自に開発2001年よりISO9001工程認証システム等統合管理ソフトを開発。現在、金型の他、現場のアイディアを生かした「デジタルドルフィンズ」事業を立ち上げ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年9月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 日本一明るい経済新聞1月号に紹介されました。 from 三元ラセン管工業株式会社 ベローズ案内人高嶋博 「会長の日記」
    時々セミナーでお手伝いをさせていただいたり、NHKの「おはよう関西」で紹介を頂いたり新聞にコラムを書かせていただいたりして、いつもお世話になっている日本一明るい経済新聞の竹原編集長さんが開いている勉強会で昨年の11月にお話をさせていただいたときにインタビューを受けました。 それが日本一明るい経済新聞1月号の「Person 人 ひと」に掲載されていました。
  • アップル Mac Pro 2019 from CRAFTS DESIGN
    ( Apple Mac Pro 2019 ) ある意味、集大成そして完成形。ですが。 米アップルのMacシリーズ最高峰、Mac Proが、2019年、デザイン一新でリニューアルされました。 この前身となる、2013年発表のMac Proで意表をついた独創的でユニークなデザインから、心機一転、と言うより原点回帰と言ったほうがいいのでしょう。Power Mac G5から、初代Mac Proへと受け継がれていった懐かしいデザインを彷彿とさせるスタイルに変更されました。 前作のMac Proのデザインは、外…
  • 働き方改革推進セミナーで講師をさせて頂きます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    6月29日(金)ハローワーク大阪東の主催、大阪東雇用開発協会の共催、大阪市東成区役所、大阪市生野区役所、一般財団法人東成工業会、一般財団法人生野産業会の協力で東成区民センター2階大ホールにおいて「働き方改革推進セミナー」が開催されます。 その第2部で我が社の「働き方改革!」と題して講演をさせて頂くことになりました。 中小企業ができる、情報の共有や就業規則の整備、意識改革、社会貢献などをお話
  • 「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    久米繊維工業㈱の久米信行会長さんから墨で書かれたサイン入りの新刊書「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」と直筆のお手紙が添えられて送られてきました。 凄く読みやすい本で、子供から大人までお薦めの本です。 井戸の中にいた一匹の「すぐやるカエル」がどのように変わっていくか、一緒に挑戦の旅をしてみませんか。 もしあな
  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて