大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「・・・がよい」幸運を招く言葉

投稿日時:2022/09/12(月) 18:12rss

昭和22年10月11日に創刊された「新世」創刊号の巻頭
に掲載された丸山敏雄の論文が900号の節目として
全文が掲載されています。

心に響く珠玉の一部を抜粋させて頂きました。

1、 まず第一に、喜んで朗らかに静かに、困難を迎えることである。
 苦難は鬼の面をかむった救いの神である。
 悪魔の顔をした応援団である。
 それと知らずに、嫌って、追い抜けるようといら立ちさわぎ
怒り狂うから、つい苦難も、その本性を見せずに、いつまでも
苦しめの手をゆるめないのである。

2、(・・・がよい)と言うことを我が家の標語にしようと約束した。
 それからである。「お米がない」とお母さんが言い出すと
「がよいのですよ」と娘さんがいう。「部屋が窮屈で困るね」と
でも、ついうっかり主人が言い出すと、「がよいんでしょう。」と
坊ちゃんが言う。去る年の2度の大患の後、ご主人のお腹には、
いまだに胆石の固まりが残っていた。いつとはなしに思い出して
さすりながら、「まだ固まりが取れぬ」と独り言を言う。
そばにいた奥さんが、「がよいのでございましょうと。
早速1本まいって、「ハハハ!」と笑い出す。いつの間にか
固まりが取れてしまった。
 こうして、一家は、日に月に明るくなった。
なぜそうなるのか。宇宙はそのまま完全である。
 ・・・中略・・・
 それは、自分本位であり、己にとらわれているからである。
苦痛のただ中にとざされたときは、その中から抜け出して、
そこから自分の姿を心静かに眺めてみるがよい。
 ものを盗まれた。腹が立つ、残念でたまらん。
それは一応のことであって、自分を離れてよく考えてみると、
取れるものを持っていたほど自分はもの持ちであった。
 また盗んだ人の心のもだえ、姿の見にくさ、それに比べると
 自分は美しい。

 人から悪口され、有りもせぬことを悪しざまに攻撃された。
自分にとらわれていると腹が立つ。
 しかし、そのために自分にとっては何一つ失うところはない。
 ほめられて一物を加えず、けなされて一物を失わぬ。
 まして、そしる人の醜さに引きかえて、そしられても笑って受ける美しさ。

3、苦難は人を殺すためにあるのではない。
 人をより良くし、より1歩進めさせようと向上させようとしてあるのである。

 

 鋼鉄王として、世界の大富豪として知られているカーネギーは、
元からの金持ちではなかった。
英國スコットランドに生まれた彼が、家計を心配する父母の悲しみ
を聞いて、非常な決心をしたのは11歳の時であった。一家を上げて
米國に移住し、もう俺工場の職工となったのふり出し毅然として
立ち上がった彼の努力の一生は全くはなはだしい奮闘の生涯であった。

 「諸君、富貴は決してうらやましいほどのものではない。
僕婢にかしづかれ、美衣美食して幼時を過ごしつゝある富貴の子供を
見る毎に余は哀れと感ぜぬ時はない。彼らは不幸にもかかる家庭に
生まれたので、天の与えた幸福を味わうことが出来ないからである。
彼等の中から幸福を見出そうならば、彼等が不幸者であると言う
を自覚するところがせめてもの幸福でしやう」
羽場泉峰「家庭教訓少年立志編」 (アンドリュー、カーネギーより)

中略

苦難はそのまま美である。幸福と苦難と表裏一体、善と悪と陰陽不二
ここに宇宙無限の美がある。
それをそのとおり有るとおりに見ているのが芸術家であり、
これをそのまま弾ずるのが音楽であり、詠ずるのが短歌である。

続きは、明日のブログにて

枚岡合金工具株式会社
古芝保治


 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

<a href="http://www.sg-loy.co.jp/" target="_blank">http://www.sg-loy.co.jp/</a>(枚岡合金工具㈱金型事業部のホームページ) <a...

詳細へ

個人プロフィール

1949年3月 大阪市生まれ。桃山学院高校卒業後、30年間自社の金型設計・製造に携わるかたわら1983年より自社の販売・受発注管理システム独自に開発2001年よりISO9001工程認証システム等統合管理ソフトを開発。現在、金型の他、現場のアイディアを生かした「デジタルドルフィンズ」事業を立ち上げ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年10月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 日本一明るい経済新聞1月号に紹介されました。 from 三元ラセン管工業株式会社 ベローズ案内人高嶋博 「会長の日記」
    時々セミナーでお手伝いをさせていただいたり、NHKの「おはよう関西」で紹介を頂いたり新聞にコラムを書かせていただいたりして、いつもお世話になっている日本一明るい経済新聞の竹原編集長さんが開いている勉強会で昨年の11月にお話をさせていただいたときにインタビューを受けました。 それが日本一明るい経済新聞1月号の「Person 人 ひと」に掲載されていました。
  • アップル Mac Pro 2019 from CRAFTS DESIGN
    ( Apple Mac Pro 2019 ) ある意味、集大成そして完成形。ですが。 米アップルのMacシリーズ最高峰、Mac Proが、2019年、デザイン一新でリニューアルされました。 この前身となる、2013年発表のMac Proで意表をついた独創的でユニークなデザインから、心機一転、と言うより原点回帰と言ったほうがいいのでしょう。Power Mac G5から、初代Mac Proへと受け継がれていった懐かしいデザインを彷彿とさせるスタイルに変更されました。 前作のMac Proのデザインは、外…
  • 働き方改革推進セミナーで講師をさせて頂きます。 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    6月29日(金)ハローワーク大阪東の主催、大阪東雇用開発協会の共催、大阪市東成区役所、大阪市生野区役所、一般財団法人東成工業会、一般財団法人生野産業会の協力で東成区民センター2階大ホールにおいて「働き方改革推進セミナー」が開催されます。 その第2部で我が社の「働き方改革!」と題して講演をさせて頂くことになりました。 中小企業ができる、情報の共有や就業規則の整備、意識改革、社会貢献などをお話
  • 「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    久米繊維工業㈱の久米信行会長さんから墨で書かれたサイン入りの新刊書「すぐやる人だけがチャンスを手に入れる」と直筆のお手紙が添えられて送られてきました。 凄く読みやすい本で、子供から大人までお薦めの本です。 井戸の中にいた一匹の「すぐやるカエル」がどのように変わっていくか、一緒に挑戦の旅をしてみませんか。 もしあな
  • 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』古芝さん出版パーティー from (株)京都工芸【タオルはまかせたろ.com】 タオルソムリエ 寺田 元 の日記
    こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。 「熊本震災復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」にお招きいただきました! 「人を育み 利益をもたらす『会社を強くする習慣』を出版された古芝さん、おめでとうございます! 全国から青森から沖縄まで古芝さんファンの縁者がお祝いに駆けつけ素晴らしい古芝さん らしい宴となりました。 出版された印税はすべて